須藤 由彦

PIENOで働きたいと思ったきっかけは何ですか?

父が料理人だったんです。学校を卒業後の進路を決める時に、サラリーマンになろうかスポーツ系の仕事に就こうか色々悩んだんですけど、子供の頃、厨房で見た父の後ろ姿がやけに思い出されたんです。それで自分も料理人になることを決意しました。

2年ほど、京都のホテルで宴会調理の仕事をしていたのですが、将来を考え大阪に出ることにしました。その時に受けた別会社の就職試験の面接官の方に、私にはここが合うのではと、PIENOに連れてきてもらいました。全く違う店の方がオススメしてくれるということに驚きましたね。

実際にお店に来てオープンキッチンというスタイルが、ホテルと全く異なり新鮮でした。料理を作りながらお客さまとお話してコミュニケーションを取って!その時食べた料理もとてもおいしく、会話と調理と両方を同時にそつなくこなす姿に感動しました。ホテルの厨房と違い、見られている怖さや予定外のことが起こる不安も多少ありましたが、「やってみたい!」という意欲が強く湧いてきました。

実際に働いてみてどうでしたか?

前職では盛り付けやカッティングなど火を使わない作業ばかりだったので、この会社で初めて火を使って料理をしました。火を使っての調理経験はありませんでしたが、包丁を触っていて色々な食材を扱えるという判断を会社にしていただいたので、割と早い段階からまかないを作らせてもらえました。
まかないを食べた評価として、「次は前菜を作ってみたら」と言ってもらえて。きちんと社員の力量をみて仕事を任せていってもらえると感じました。

須藤 由彦

インタビュー中も細やかな心使いが溢れる須藤さん

あなたの仕事内容について教えてください

火口が担当です。前菜からパスタ、メインまでなんでも作ります。お肉料理が結構好きですね。鴨のローストが一番好きです。
ホールをやることもあります。PIENOは難波に4店舗あるのですが、ヘルプに行く事もあります。キッチンも全店まわれるのでメインからホールまで臨機応変に働きます。それぞれの店舗に特色があるので、ヘルプも面白いです。

villa店は平日は6時から営業なので、昼間に出勤し仕込みをします。仕込みが終われば休憩です。仕込みを早く終わらせれば、ゆったりと休憩が取れるので、そこは頑張ってます(笑)

上西社長はどんな方ですか?

料理人というより経営者という印象を受けました。話し方、履歴書の見方など目の付け所が違うと感じました。仕入れに行く時や業者の方と一緒にいる時なども、周りにいる人間に対しての視野はすごく広いし、すごくよく見てはる人だなと思います。

一緒にキッチンに入ることもあります。社長は料理してる時も、普段経営者でいる時も常にお客様の事を見て思ってますね。そこは本当に徹底しています。
社員個人の先の事も色々と考えてくれていて、「これからどうしたいのか、この会社で何をしていきたいのか、はたまた、違う事を学びたいと思っているのなら学べる環境も用意してあげるから。」と言っていただけます。あまりにも先の事を言われ過ぎて、本当にそうなるのかなと思う時もあるんですけど(笑)
社員の事も親身に考えてくれる温かい方だと思います。

PIENOに入社を希望している方にメッセージをお願いします

PIENOは繁盛店なので、入りたいという方も多いと思うんです。ここは実際に自分の作った料理を食べていただける機会がとても多い。前菜にしてもオススメ料理にしても、そういう機会が多いというのは大きなメリットだと感じます。
直接お客さまから感想をいただけたり、料理を口にしている時の表情を見れる。反応を生で感じれるというのは大切ですね。

会社の人間関係もとてもフレンドリーで良いです。料理人としてもそうですが、忙しさを乗り越えて人間的にも成長できる会社だと思います。

HOLIDAY 休日の過ごし方

須藤 由彦

飲み歩きと食べ歩きです!多いと一日で4軒行くこともあります(笑)
家で過ごす時は、料理の本を読んだり友達とホームパーティーを楽しんだりもしますね。

採用情報TOPに戻る >>