PIENOで働きたいと思ったきっかけは何ですか?

専門学校で料理を学んでいました。西洋料理が好きなので、イタリアンのお店で働くことができたら…と思っていたんです。就職活動の際、イタリアンのお店を何軒も食べ歩きしたんですが、「働きたい!」と思えるお店と出会えなくて。そんな時、専門学校の先生が、社長の上西と知り合いで、教えてもらいました。客として食べに行くと、小さなスペースのながらも、活気があって、スタッフ全員が楽しそうにお仕事をされている姿が印象的でした。お店を出る時、「ありがとう!」って見送ってくれるのですが、それが気持ちよくて、嬉しかったんですね。お客様を大事にするお店やなあと思って、ここで働きたいと思いました。

実際に働いてみてどうでしたか?

私にとって、社会人としての第一歩の場所。飲食店の仕事に関することはもちろん、社会人としてのマナーなど、基本的なことを学びました。厳しいことも、いっぱい言われることもあって、辛い時期もありましたが、私を思ってくれているからこそ、言ってくれること。それに、先輩から「誰にとっても、話しやすい雰囲気があるね」と言ってもらえたことで、自分の強みを知り、そこを伸ばしていこうと思えました。

専門学校時代は、自分のお店を出したいと思っていたけれど、今は、それよりもまず、料理について、とことん学びたいと思っています。基本的なことがわかることが大切だと、実際に働き始めてから、感じたんです。

アルバイトから正社員になった阪口さん。先輩方からのアドバイスなどを丁寧に受けとめて、努力されています。

あなたの仕事内容について教えてください

入社して1年は、接客を学ぶために、ホールスタッフをしていましたが、数ヶ月前から厨房に入るようになりました。厨房にも、前菜専門と、パスタやピザをつくる専門があって、私は前菜専門として経験を積んでいます。営業時間前はトマトソースやピザ生地、サラダなどの仕込みをして、みんなのまかないづくりを、営業時間中は前菜メニューをつくっています。

上西社長はどんな方ですか?

料理はもちろん、お店のことについても、熱血な方です。「こう料理すると、こんな料理ができる」とか「こうすると、お店がよくなる」とか、よくよく知っていらっしゃると思っています。

PIENOに入社を希望している方にメッセージをお願いします

スタッフ同士が仲良くて、活気のある楽しいお店です。料理の技術はもちろん、人として成長できる場所だと思っています。最初は大変ですが、毎日コツコツと努力することが大事だと思います。

HOLIDAY 休日の過ごし方

ひとりでゆっくりするのも好きなので、買い物へ出かけたり、昼までゆっくり眠ったり。同期の山内さんと休みが合えば、料理の勉強も兼ねて、先輩からおいしいイタリアンのお店を聞いて、一緒にランチをすることもあります。先日はふたりで連休をいただいて、韓国旅行へ。(写真/左:阪口、右:山内。韓国にてサムギョプサル)

採用情報TOPに戻る >>