PIENOで働きたいと思ったきっかけは何ですか?

高校を卒業してから、飲食店で経験を積んできました。これまで、オープンキッチンで働いたことがなく、ずっと「どんな人が食べてるんやろう?」「どんなふうに食べて、帰ってるんやろう?」と気になっていたんです。それに、「お店をやりたい!」と思っていたけれど、経験を積むうち、お店をするためには、料理だけじゃなく、接客や経営的なことも必要だから、そういう経験を積みたいとも思うようになっていました。

そんな時、PIENO本店前を、仕事帰りによく通っていて、おしゃれだし、働いてみたいと思ったんです。スタッフ募集しているかわからなかったんですが、直接お店に行って「働けますか?」って。ちょうどその時、社長の上西がいたので、面接をしていただいて…そんな縁もあって、入社しました。

実際に働いてみてどうでしたか?

お客様の顔を見て話しながら仕事をするって、やりがいがあります。「これを呑んでいるんだけど、何が合うの?」「次に何を呑んだら、いい?」とお客様が話しかけてきてくださって、「これどうですか?」と提案したら、「おいしいわ」「また来るねー」と言ってもらえて。また来てもらったら…しんどくても、それだけでチャラになるんですよね。それに、店長をしたいという目標も叶いました。

「こういうことがしたい」という目標を持って、入社した濱西店長。前進するごとに、さらに目標を持って、一歩ずつ。

あなたの仕事内容について教えてください

店長をしています。厨房でパスタやピザなど調理をしたり、メニューをつくったり。お店づくりやスタッフ育成も大事な仕事です。

リピートしてくれるお客様が、自分にではなく、お店についてもらえたらいいなあ…「あの人がいるから」ではなく、「誰かがいるから」お店に行くというふうになったらいいなあと思っているので、PIENOの企業理念をスタッフにきちんと伝えていきたいです。スタッフ一人ひとりのなかに、コンセプトがしみこんでいることが大切だと思うので。

上西社長に言われて印象に残っていることは?

「縁を大事にしなさい」です。“PIENO”という名前には“満たされる、いっぱいになる”という意味があって。それは僕らだけではなく、お客様も、みんなが満たされたらいい…という意味合いでつけていると聞いたので、それって素敵なことやと。

PIENOでは、帰られるお客様に対して、表まで出て、そのお客さんの姿が見えなくなるまで見送るんです。それは、お客様の時に限らず、僕の面接の時もそうだったんですよね。こういうお店って、あんまりないと思うんです。

PIENOに入社を希望している方にメッセージをお願いします

僕は社員で働こうと思っている人は覚悟があると思っています。その分、僕らも厳しくなりますが、それは期待の裏返しです。つらいことも乗り越えて、一緒に、みんなと協力しながら、いい店にしていきたいと思っています。ぜひ、その一員に!!全力で教えます。

HOLIDAY 休日の過ごし方

子どもと遊んでいます。まだ0歳3ヶ月と、生まれたばかりなんです。最近は「ああー」と声を出したり、何かを握って笑ったり、表情も出てきたんですよね。一緒に、ふにゃふにゃ遊んでいます。嫁に「どっちが子どもかわからん」と怒られるんですが(笑)。

採用情報TOPに戻る >>