社員の待遇面で、他社と違う特長を教えて下さい。
ボーナスの支給と東京研修です。飲食業界では珍しいのですが、社員には夏と冬にボーナスを支給しています。これは創業時より続けています。また、年に一回社員全員を東京へ市場視察に出張させています。研修とは言っても単なる食べ歩きですけどね(笑)。私は社員に長く働いて欲しいと考えています。その為には、社員の成長をちゃんと評価すること、そして成長を手助けすることをきちんとやりたいと思っています。
今後の構想を教えてください。
47都道府県の全てに出店することを計画しています。弊社にはいろいろな出身地の社員が働いています。それぞれの社員が地元に帰っても働ける環境が作りたいのです。いろいろな土地で、その土地にしかない旬の素材を使った店が全国にできると楽しいじゃないですか。
他の構想も聞かせてください。
イタリアン以外で、新たに2業態を展開したいと思っています。近年、BSEや鶏インフルエンザなど思いもよらない事件が発生しています。事件が起こると、突然経営が不安定になります。社員が安心して働ける環境を作るには、同じ素材に頼る単一業態ではリスクが大きいのです。危機管理をきっちり行うことは、経営者の義務だと思っています。社員に和食出身の料理人が多く居るので、まずは和食業態を検討しています。
最後に、就職希望者へのメッセージをお願いします。

私たちの会社は「新しいことにチャレンジできる環境」にあります。新店舗の出店を計画しているので、店長というポジションにチャレンジできます。別業態の立上げを計画しているので、新たな業態へのチャレンジができます。そして、新店舗や新業態が増えると運営を統括するマネージャー職や、新しい産直仕入れ先を開拓する仕入マネージャー職も必要になってきます。仕事の可能性の幅は、どんどん広がっていきます。

また、私は社員に独立して店を持って欲しいと思っています。小さい頃からの私の夢は「社長になること」でした。今、社長をやっていて思うことは「社長業は大変だけれど、やはり楽しい」です。あらゆることを自分の考えと判断で進めていける醍醐味があります。だから、社員にもこの楽しさを味わって欲しいと思うのです。ただ、独立すると言っても資金や経営面でのハードルはなかなか高く、信用と実力が無いと銀行も簡単にはお金を貸してくれません。そんな時は、弊社の看板を上手く使ってもらえれば良いと思っています。社員を、弊社が支援して実質的に独立ができる仕組みを、これから模索して行きたいと考えています。

本日はどうもありがとうございました。

インタビュアー:中川 淳一郎

1 | 2 | 3